感染対策

当院での感染対策

受付と診察台脇に飛沫防止のためビニールシートを張っています。診察時、診療補助の際にフェイスシールドをしています。お見苦しいとは思いますが、ご了承ください。

使用する器具は高圧滅菌器で滅菌しております。それだけで問題はないとは思いますが、安心のため、ようやく届いた紫外線殺菌庫内に耳の器具以外は置いておき、診察時はそこから取り出して使用することにしました。ファイバースコープは通常の消毒方法に沿って消毒しております。綿棒も使い捨てのものを使用するようにしました。

診察の椅子やベッドなどは診察するごとに拭き消毒しています。

先週からネブライザーを復活させました。患者さんが同士が接近しないように両端の2か所のみ使用としています。先端は高圧滅菌器で消毒しています。機械につながっているチューブを一回ごとに交換し洗浄することにしました。使用後は周囲をアルコール消毒しています。熱や咳が出ている人には使用しないことにしています。

聴力検査室はヘッドホンなどについては使用ごとに拭き消毒し、検査室内は定期的に紫外線殺菌灯にて空間除菌を行っています。

スタッフが毎日一生懸命消毒してくれています。感謝感謝です。

待合室の自動ドアは開いたままにし、受付、診察室側の窓は常時開けて換気をしています。また、通常の空気清浄機は待合室、診察室ともに使用していますが、さらに紫外線を用いた空気清浄機を導入することにしました。だいぶ前に注文したものが今日一機届いたので待合室に設置しました。あと2台注文してあるのですが、このご時世ですのでなかなか届きませんね。