発熱患者様への対応

「インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の同時流行に備え、発熱患者さんが迷わず身近な診療所等で診療・検査が受けられるよう、多くの診療所等に、両方の診療・検査を実施してもらいたい」という県の要請があり、当院も両疾患の診察・検査をできるようにしました。当院でできる新型コロナウイルスの検査について詳しくはこちら

 

当院を受診したことがあり、症状のある方が対象です。なんとなく不安、など無症状の方は対象となりません

通常の診療も行っていますので、多人数は診られません通常の予約枠と別に予約を入れます。出来るだけ速やかに診察し院内での滞在時間を減らすため、受診前にあらかじめ症状を詳しく知っておきたいのですが、電話では診療中には時間が取れず対応が難しいので下記の通りメール経由で対応させていただきます。

発熱(37.5℃以上)が2日間持続、咳が出る、新型コロナウイルス感染者と接触があった方などインフルエンザや新型コロナウイルス感染を疑う方は直接来院せずに、下記のQRコードかリンクから問診票の送信をお願いします。内容を確認した後、その後の流れについてメールで連絡いたします。受診時に速やかに診察ができるよう、必要事項を確認させていただき事前にカルテを作成しておきたいので、数回やり取りする必要があると思います。必要に応じて、電話での連絡をする場合もあります。なお、症状によっては通常の診療をおすすめすることもあります。
ただし、夜間、休診日はカルテの確認ができないため診療日になってからの返信になりますことをご了承ください。。

なお、小学生未満のお子さんは家族にインフルエンザ、新型コロナウイルスに感染された方がいる、あるいは、保育園や幼稚園で両感染症が流行っているということがなければ、通常のweb予約枠で予約していただいて構です。インフルエンザの流行や新型コロナウイルスの感染がさらに拡大した場合は再検討します。

問診票