急性の嗅覚・味覚障害に対するお願い

新型コロナウイルスの感染で、他の症状がなくても、先行して急ににおいの異常(嗅覚障害)や味の異常(味覚障害)を自覚することがあります。このことで各医療機関に多くの問い合わせがきていますが、現時点では多くの施設で発熱や肺炎のない軽症の方は、PCR検査を行うことはできません。
においや味がわからなくなる病気のほとんどが新型コロナウイルス感染症とは無関係です。しかし、元々鼻の病気がないのに、「急に」においや味が分からなくなった場合は、新型コロナウイルスに感染している可能性もあります。念のため、周囲への感染を拡大させないように、以下のように心がけてください。

① 「におい」や「味」の異常を感じてから2週間は、できるだけ不要不急の外出を控えてください。マスクを着けて対話してください。手洗いもこまめにしてください。医療機関への受診は控えて、毎日体温測定してください。

② 37.5℃以上の発熱が4日以上続く場合や、咳、息苦しさ、だるさがあれば、お住いの区市町村の帰国者・接触者相談センターにご相談ください。厚生労働省のホームページからも確認することができます。

③ 嗅覚障害・味覚障害に対しての治療(対症療法)は急ぎません。まずは何も薬を使わないで様子をみましょう。自然に治ることが多いです。発熱や咳などの他の症状がなく、嗅覚障害や味覚障害の症状が2週間以上経過しても変わらない場合は、耳鼻咽喉科外来までお問合せください。

あなたとあなたの周りの皆さんの身を守るために、ご協力をお願いいたします。

日本耳鼻咽喉科学会